タイピングの苦手意識を克服!簡単で効果的な練習法

タッチタイピングの練習方法

タイピングが苦手で悩んでいませんか?
僕自身タイピングが苦手で何から手をつけていいかさえ分かっていませんでした。
現代の仕事や日常生活において、タイピングは欠かせないスキルです。効率的に作業を進めるためにも、正確で迅速なタイピングは非常に重要です。

一日に1,000文字を打つとして人生でタイピングにかける時間を考えました。

タイピング速度の比較表

タイピング速度 1日あたりの時間 1年間の時間 40年間の時間 生涯の合計時間
遅い人(40分/日) 40分 14,600分(約243.33時間) 584,000分(約9,733.33時間) 10,000時間
速い人(8分/日) 8分 2,920分(約48.67時間) 116,800分(約1,946.67時間) 2,000時間
-32分 -11,680分(約194.67時間) -467,200分(約7,786.67時間) -8,000時間

簡易的な計算ですが約8,000時間も差が出るんです。

多くの人がタイピングに苦手意識を感じています。しかしタイピングを習得することで時間を有効活用できます。
この記事では、タイピングが苦手な理由と、その克服方法について詳しく紹介します。これを読んで、タイピングスキルを向上させ、自信を持ってタイピングに取り組みましょう!

タイピングが苦手な理由

タイピングに対する苦手意識には、いくつかの共通点があります。以下に、タイピングが苦手な理由をいくつか挙げてみます。

スピード不足

タイピングが遅いと、作業が遅れてしまい、ストレスを感じることがあります。タイピングの速度が遅いと、効率が悪く感じられ、他の作業に集中できなくなります。

ミスタイプの多さ

誤字脱字が頻繁に起こると、それを修正するのに時間がかかります。ミスタイプが多いと、自信を失いやすくなり、タイピングに対する苦手意識が強まります。

手の位置が安定しない

キーボード上で手の位置が安定しないと、キーを探すのに時間がかかります。これがストレスとなり、タイピングに対する苦手意識を感じる原因となります。

疲労感

タイピング中に手や指、肩、首などが疲れやすくなることがあります。長時間のタイピングが苦痛に感じられると、タイピングに対するモチベーションが低下します。

自信の欠如

タイピングのスキルに自信が持てないと、他人の前でタイピングをするのが恥ずかしいと感じることがあります。自信の欠如は、タイピングに対する苦手意識を強めます。

苦手意識を克服するための具体的な方法

では、これらの苦手意識を克服するための具体的な方法をいくつか紹介します。

正しい姿勢と手の位置を保つ
まずは正しい姿勢を保ちましょう。椅子にしっかりと座り、背筋を伸ばし、手首を自然な位置に保つことが大切です。手首をキーボードに軽く置き、指をホームポジション(ASDFとJKL;)に置く習慣をつけましょう。これにより、キーの位置を覚えやすくなります。

基礎から始める
初心者の方は、まずアルファベットや数字のタイピングから始めましょう。基礎を固めることで、次第に難易度の高い練習にも取り組みやすくなります。基本的なタイピングの練習を繰り返し行うことで、指の動きを自然にすることができます。

タイピング練習ソフトやウェブサイトを利用する
タイピング練習用のソフトウェアやウェブサイトを活用しましょう。例えば、私たちのタイピングウェブサイトや「Pop Typing」のようなリソースを利用すれば、楽しく効果的に練習できます。これらのサイトでは、ゲーム感覚でタイピングを学ぶことができ、飽きずに続けられる工夫がされています。

短いセッションで練習する
毎日10〜20分程度の短いセッションで練習することをおすすめします。長時間続けて練習するよりも、短時間のセッションを積み重ねる方が効果的です。疲労を感じたら休憩を取ることで、集中力を維持しながら練習を続けることができます。

ミスタイプを気にしすぎない
正確さを重視し、ミスタイプを気にしすぎずに練習しましょう。初めはゆっくりとタイピングし、徐々にスピードを上げていくと良いです。ミスタイプを恐れず、練習を続けることで自然と正確さも向上します。

視線をキーボードから離す練習をする
画面を見ながらタイピングする練習を行いましょう。キーボードを見ずにタイピングすることで、キーの位置を覚えやすくなります。初めは難しいかもしれませんが、視線を画面に固定することで自然とキーの位置を覚えるようになります。

モチベーションを保つために目標を設定する
小さな目標を設定し、達成することで自信をつけましょう。例えば、「1分間に20ワードを正確に入力する」などの具体的な目標を設定します。目標を達成することで、モチベーションを維持しやすくなります。

タイピングゲームを活用する
タイピングゲームを利用して楽しく練習しましょう。ゲーム感覚で取り組むと、タイピングの苦手意識を減らしやすくなります。タイピングゲームは、楽しくスキルを向上させるための効果的な方法です。

おすすめのタイピング練習リソース

ここでは、タイピング練習に役立つおすすめのリソースを紹介します。

タイピングウェブサイト
初心者から上級者まで対応した多彩な練習コンテンツを提供しています。タイピングの基礎から応用まで、幅広い練習メニューが揃っており、段階的にスキルを向上させることができます。

「タイピンガーZ」


何から練習したらいいかわからない方におすすめです。〜0から始める〜のコースでは初心者向けのわかりやすい練習方法になっています。
詳細はこちらの記事

「Pop Typing」


ゲーム感覚でタイピングを楽しみながらスキルアップできるサイトです。楽しいゲームを通じて、タイピングの速度と正確さを向上させることができます。飽きずに続けられる工夫がされているため、練習が苦になりません。

他のおすすめサイトやアプリ
TypingClub: 無料で利用できるタイピング練習サイト。レッスン形式で段階的にタイピングスキルを向上させることができます。
Keybr.com: 無駄な文字を排除し、効率的にタイピングを練習できるサイト。視線をキーボードから離す練習に最適です。
10FastFingers: タイピング速度を競うことができるサイト。楽しくタイピング速度を向上させることができます。

成功体験を積み重ねる

練習の進捗を記録し、小さな成功を祝うことが重要です。成功体験を積み重ねることで、自信を持ってタイピングができるようになります。例えば、毎日の練習記録をつけたり、目標を達成した際に自分を褒めたりすることで、モチベーションを維持しやすくなります。

まとめ

タイピングスキルは練習と努力で向上します。この記事を参考にして、タイピング練習を継続し、苦手意識を克服しましょう。タイピングが得意になると、作業効率も上がり、自信もつきます。最初は少しずつでも、継続することが大切です。ぜひ頑張ってください!

タイピングが上達することで、日常生活や仕事の効率が大幅に向上します。苦手意識を克服し、自信を持ってタイピングに取り組むことで、新しいスキルを身につける喜びを感じることができるでしょう。タイピング練習を楽しみながら続けて、スキルを向上させてください。

タッチタイピング研究所

タッチタイピング研究所

タイピングについてどんな練習をしてきたかなど 独自開発の自社の無刻印キーボードについて発信していきます!

関連記事

はじめに読んでほしい記事

TOP